兵庫県議会ロゴ
サイト内検索
>> ホーム >> 鈴懸の径絵画展
鈴懸の径絵画展

トップページに掲載の絵画について


 兵庫の風物を描く
 「わが町のさくら」(芦屋市茶屋之町(阪神線ぞい)) 西川 忠男さん(芦屋市在住)の作品

鈴懸[すずかけ][みち]絵画展


 心豊かな生活を願い自ら創作活動に親しむアマチュアの方々の発表・交流の場として、プラタナス(鈴懸)の繁るプロムナードにちなみ、昭和61年“芸術文化の秋”に、 スタートしました。
 この公募展は、「兵庫の風物を描く」をテーマに、日本画と洋画の作品を募り、毎年展示されます。
 道行く人々に気軽に親しんでいただける絵画展として話題を呼んでいます。

【会 期】  毎年6月中旬の4日間(平成26年度から「百花創作展」と統合され6月開催となりました。)

【会 場】  兵庫県民会館前プロムナード

【部 門】  ・日本画(水墨画含む)   ・洋画(水彩画含む)

【テーマ】  「兵庫の風物を描く」

【主 催】  兵庫県、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、兵庫県民会館