兵庫県議会ロゴ
サイト内検索
>> ホーム >> 定例会臨時会の概要 >> 請願
請願

平成30年12月11日配付

文教常任委員会付託

      全ての子供たちへの行き届いた教育を目指し、35人学級の前進、
      教育の無償化、教育条件の改善を求める件


1 受理番号   第69号

2 受理年月日  平成30年12月4日

3 紹介議員   ねりき 恵子  丸尾  牧
           樫野 孝人  樽谷 彰人 

4 請願の要旨
 子供たちは、明日の兵庫を担う地元の宝である。少子化や兵庫からの人口流出が危惧される今、豊かな学校教育や子育てしやすい街づくりのための方策は喫緊の課題である。
 特に、学校教育における少人数学級は、子供たちの健やかな成長発達のために必要不可欠な教育条件である。兵庫県における少人数学級(35人学級)は小4までであるが、全国的には、さまざまな工夫と努力で大きく広がっている。中1の少人数学級に限れば、全国43都道府県で実施されている。
 子供の家庭における経済格差が教育格差にならないような保護者負担の軽減も行政の大きな課題である。安心して子育てできるようになれば、兵庫の未来も明るいものになるであろう。
 私たちは、「こころ豊かで自立した人づくり」を目指す本県だからこそ、全国に先駆けた教育予算増と教育条件の改善を一層進められるよう、下記事項について要望する。

1 小学校4年生まで実施されている35人学級を、県の責任で小・中・高まで、計画的に拡充すること。
2 お金の心配なく学べるよう、学校教育に関わる保護者負担を軽減し、教育予算を増額すること。
3 高校の学費無償化を実施すること。
4 私学助成を増額して、父母負担を軽減すること。
5 必要とする全ての高校生・大学生に対する返済不要の県独自の「給付制奨学金」を創設すること。
6 過大、過密を解消できるよう特別支援学校を更に増設すること。また、施設、設備を充実させること。小・中学校では、特別支援学級の定数を更に改善すること。