兵庫県議会ロゴ
サイト内検索
>> ホーム >> 県議会の活動状況
県議会の活動状況


夏の各会派政務調査会を開催(H29.8.7〜8)


 8月7日、8日の2日間、夏の各会派政務調査会が開催されました。
 兵庫県議会では、毎年度、8月、1月に県議会の全ての会派並びに無所属議員が主催して、各会派政務調査会が開催されています。
 このうち8月に行われる夏の各会派政務調査会は、当局から各部局ごとに主要な事業の進捗状況の説明を受け、議員が質疑を行うもので、各会派や無所属議員は、この議論をもとに9月には平成30年度当初予算に向けた重要施策を知事に提案したり、11月には次年度の当初予算編成に対する申し入れを行います。

自由民主党

公明党・県民会議

ひょうご県民連合

維新の会

日本共産党

無所属
第2回県議会サテライトゼミ(H29.7.21)


 7月21日(金)、今年度から始まったサテライトゼミの第2回目として、神戸学院大学現代社会学部現代社会学科の3つのゼミ(清原・岡崎・日高ゼミ)のゼミ生(2回生61名、3回生7名)が、県議会でゼミを行いました。
 この3つのゼミでは、平成27年から神河町と連携し、若者の観点から地域活性化に取り組む「神河プロジェクト」を展開しており、地域の課題解決を目指した政策提言や、町の魅力を発信する音楽・映像作品の制作を行っています。
 この日は、「県議会のしくみ」について事務局から説明を受けた後、神河町での現地実習のドキュメンタリー映像の上映、8つの班の政策提言と3つの班の制作映像の上映が行われました
 それぞれの発表や映像に対して、正副議長や関係常任委員会委員長等からコメントがあり、引き続き、議員・ゼミ生の双方から活発な意見交換、議論が行われました。




平成29年度兵庫県地方議会協議会(第2回)の開催(H29.7.14)


 市議会・町議会・県議会の3者が対等の立場で意見交換を行い、その成果を発表、実践することを通じて地域創生の実現を目指す、兵庫県地方議会協議会を開催しました。
 本日は、それぞれから提案されたテーマの説明を行い、次回第3回(8月23日)に、意見交換を行い、成果を取りまとめます。
 <各議長会・県議会から提案されたテーマ>
  ・市議会議長会 「地域創生における議会の役割について」
  ・町議会議長会 「持続可能な自治体運営のための、人口減少、少子化・超高齢化加速に対する具体的行動について」
  ・県  議  会 「高齢化の進展を踏まえた地域の元気づくりについて」




第1回県議会サテライトゼミ(H29.5.31)


 今年度から始まったサテライトゼミの第1回目として、赤穂市にある関西福祉大学の溝端ゼミ(2年生15名、OB3名)が、県議会で授業を行いました。
 溝端ゼミでは、平成25年から歴代のゼミ生が、上郡町内の山上にある小規模集落への生活支援のため、移動スーパー運行による買物支援やふれあい活動に取組んでいます。
 ゼミ生は、本会議場で「県議会のしくみ」について事務局から説明を受けた後、大会議室に移動し、継続して取組んでいる生活支援活動の状況や課題等について発表を行いました。引き続き行われた正副議長や関係する常任委員会委員長等との意見交換では、ゼミ生からの疑問や課題について、双方から活発な議論が行われました。
 参加したゼミ生からは、サテライトゼミについて「緊張したが、貴重な経験となった。これからも、生活支援活動を続けていきたい。」との感想が聞かれました。




県議会サテライトゼミのプレ講義(H29.5.26)


 今年度から始まったサテライトゼミのプレ講義が、神戸学院大学現代社会学部で行われました。
 サテライトゼミは、議会改革の一環として、地域創生活動に取り組んでいる県内大学のゼミ授業を県議会で行う機会を提供するものです。
 議会事務局長から地方自治と政策形成について講義した後、藤田孝夫議長を交えたポスターセッションでは、6月に予定されている神河町でのフィールドワークに向けた調査項目や課題について、学生と議長がともに意見を出し合うなど、7月21日(金)に県議会で開催する本番に向け有意義なゼミとなりました。




議員任期の特例法の成立(H29.5.12)



 このたび、議員任期の特例法が可決成立しました。
 この法律により、阪神・淡路大震災により生じた選挙期日から議員任期の開始までの間の約2か月に及ぶ「ずれ」が解消されます。
 県議会、神戸市会、西宮市議会及び芦屋市議会の地元4議会が一丸となって、国に地方の声を届け、地方の課題解決のための新しい法律が制定されたことは、まさに地方分権における大きな成果であり、心から喜んでおります。
 来年、県政は150年を迎えます。この節目にあたり、二元代表の一翼を担う議会としても、地域創生など、新しい時代の県政の諸課題に即応できる議会へと新たな一歩を踏み出さなければなりません。
 法律を制定いただいた国会議員の皆様、そして法制定に向けご支援いただきました関係省庁の皆様、報道各位に厚く感謝申し上げます。
 
 平成29年5月12日
                                       兵庫県議会議長 藤田 孝夫

広東省人民代表大会常務委員会代表団一行による議長表敬(H29.4.12)



 中国広東省人民代表大会の蒋楽儀(しょう・らくぎ)広東省人民代表大会常務委員会委員を初めとする代表団が藤田県議会議長を表敬訪問し、兵庫県と広東省とのさらなる友好交流促進を確認しました。 兵庫県と広東省は、昭和58年に友好提携を調印して以来、様々な分野で友好の絆を深めています。


議長・副議長と大学生との意見交換等を実施(H29.2.17)



 2月定例会開会日に、大学生19名が県議会を訪れ、本会議を傍聴したほか、藤田議長、藤本副議長を交えて、県議会や県政への積極的な参画を図る方策や地域の活力を高める方策について活発に意見交換を行いました。若者の県議会への関心を高めるため、県下の大学生に参加者を募ったもので、兵庫県立大学など7大学から参加いただきました。




議場コンサートを開催(H29.2.17)



 第335回定例県議会の開会に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。2月定例会開会日の恒例となっている議場コンサートは、平成18年に始まり、今回で12回目を数えています。  レジデント・コンダクターの岩村 力さんの指揮で、歌劇「フィガロの結婚」序曲、情熱大陸のテーマ、喜歌劇「こうもり」序曲が演奏された後、来場の県民の皆さんと県議会議員など入場者全員で「ふるさと」を合唱しました。




行財政構造改革調査特別委員会(報告書提出 H29.2.1)



 行財政構造改革調査特別委員会(委員長:山本敏信議員、副委員長:岸本かずなお議員)は、平成28年6月の設置以降、第3次行革プラン策定後3年目の総点検として、これまでの取組状況や今後の課題と検討方向、さらには昨年12月に示された最終2カ年行革プラン案について、プランの目指す平成30年度の収支均衡達成にあたっての最後の機会となることから、慎重に調査・検討を重ねてまいりました。そして、その成果を調査報告書に取りまとめ、2月1日に議長に提出しました。また、同日、藤田議長から知事に手渡されました。

 ※行財政構造改革調査特別委員会調査報告書はこちらから


各会派政務調査会を開催(H29.1.10〜1.12)



 平成29年度当初予算の編成状況や重要施策などについて、会派ごとに県庁の全部局から説明を受けました。平成29年度当初予算については、今後、2月定例会における具体的な審議を経て、3月末に決定される予定です

自由民主党

公明党・県民会議

ひょうご県民連合

維新の会

日本共産党

無所属


兵庫県議会・3市議会連絡会を開催(H28.12.26)



 選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に向け、特例法が国会に提出されたことを受けて、平成28年12月26日、兵庫県議会、神戸市会、西宮市議会、芦屋市議会の正副議長が集まり連絡会を開催しました。会では、次期通常国会において、できるだけ早期に「ずれ」を解消する特例法が成立するよう要望活動等に取り組んでいくことを確認しました。



選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消のための法案を国会に提出(H28.12.12)


 平成28年12月12日、「平成31年6月1日から同月10日までの間に任期が満了することとなる地方公共団体の議会の議員及び長の任期満了による選挙により選出される議会の議員及び長の任期の特例に関する法律案」が国会に提出され、衆議院で継続審査となりました。
 法案の内容は、これまで、兵庫県議会、神戸市会、西宮市議会、芦屋市議会、芦屋市長が国に求めてきた内容を反映したものとなっています。
兵庫・岡山・鳥取三県議会正副議長会議(H28.11.11)



 岡山・鳥取・兵庫三県議会正副議長会が、本県議会の藤田議長、藤本副議長をはじめ岡山、鳥取の正副議長が出席のもと、鳥取市のホテルニューオータニ鳥取で開催されました。
 同会議は三県に共通する課題について、各県の議長・副議長が意見交換を行い、課題解決に向けた連携・協力関係を構築するため、平成元年より年1回開催しています。
 今年度は、「周遊観光」と「鳥獣被害対策」に関する共通する課題解決に向け、活発な意見交換を行いました。





平成29年度当初予算編成に対する申し入れ(H28.11.4)



 平成29年度当初予算編成に対する申し入れが行われました。
 各会派などが知事に対して9月14日に行った重要政策提言をふまえ、その政策の実現が図られるよう予算要求にあたり、特に重要とされる事項を申し入れるものです。
 この日は自由民主党、公明党・県民会議、ひょうご県民連合、維新の会、日本共産党、無所属議員が知事などに対して、申し入れを行いました。

 ※予算申し入れの詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることが出来ます。

自由民主党

公明党・県民会議

ひょうご県民連合

維新の会

日本共産党

無所属
ベトナム・クアンビン省人民評議会議長一行による議長表敬(H28.11.1)



 ベトナムのクアンビン省人民評議会ホアン・ダン・クアン議長、チャン・ドゥック・ビン在大阪ベトナム総領事等が、議会関係者等と交流を図るため、兵庫県を訪問し、藤田県議会議長を表敬訪問しました。





平成28 年度兵庫県議会政調懇話会を開催(H28.10.26)



 政調懇話会は、県政の課題に関する調査・研究等を通じて、議員の政策立案・提言力、監視・評価力等の資質向上を図ることを目的として、毎年、県議会議長の主催により開催しています。
 今年度は、経済産業省経済産業政策局産業再生課長の井上 博雄氏をお招きし、「IoT(モノのインターネット)、AI(人口知能)等の発展に伴う30〜40 年先の日本の将来像」をテーマに、人口が減少しても活力ある豊かな兵庫の実現に向け、IoT、人工知能等の第4次産業革命後の30〜40 年先の日本の姿についてご講演いただくとともに、地域創生のヒントとなる視点や提言等をいただきました。





西オーストラリア州上院議会議長一行による議長表敬(H28.10.25)



 西オーストラリア州バリー・ハウス上院議会議長が、兵庫県と西オーストラリア州友好提携35周年を記念して、友好交流の促進、県内企業等の訪問のために来県し、藤田県議会議長を表敬訪問しました。


平成29年度当初予算編成に対する重要政策提言(H28.9.14)



 各会派などから知事に対して、平成29年度当初予算編成に対する重要政策提言を行いました。
 来年度の県政において、重要施策として取り組むべき項目について、基本的方向や新規施策などの提言を行うものです。
 ※重要政策提言の詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることが出来ます。

自由民主党

公明党・県民会議

ひょうご県民連合

維新の会

日本共産党

無所属
インターンシップ大学生と議長の意見交換会を実施(H28.9.6)



 9月6日(火)、県庁に就業体験に来ていた大学生の一部の方と藤田議長、山本事務局長が意見交換を行いました。
 どうすれば若者の地元への関心が深まるのか、県議会や政治に関心が持てるのか、などをテーマに活発な意見交換が行われました。
 議長からは、「周りにあふれている情報を見極め、長期的なスパンで物事を見る視点が大切。10年先、100年先を見据えて、ぜひ政治に参加してください。」とのコメントがありました。





近畿2府8県議会議長会の開催(H28.8.31)



 この会議は、近畿2府4県に三重、福井、徳島、鳥取の4県を加えた2府8県議会の正副議長が、情報を共有するとともに、共通の課題について協議するため、昭和44年から各府県の持ち回りで開催されています。
 今年度は本県の「兵庫県立淡路夢舞台国際会議場」で開催され、各府県から提出された17件の議案について審議をしました。
 会議では、提出された議案の中から「国民一人ひとりが活躍できる社会の実現」をテーマとして、「保育士等の処遇改善」などについて意見交換を行ったほか、提出されたすべての議案について、共同して関係機関に要望していくことが決定されました。
 来年度は、和歌山県で開催されます。




インターンシップ高校生と議長の意見交換会を実施(H28.8.26)



 8月26日(金)、県庁に就業体験に来ていた高校生8名と藤田議長、山本事務局長が意見交換を行いました。
 若い世代が地元を離れていく現状や、若い世代に議会や政治に関心をもってもらうための方策について、若者の率直な気持ちや若者ならではの大胆なアイデアをお聞きすることができました。
 出された意見等も参考に、若者が将来に夢と希望を持てるふるさと兵庫の実現に全力をあげていきます。





平成28年度第2回兵庫県地方議会協議会を開催(H28.8.16)



 8月16日(火)、兵庫県議会と市議会議長会、町議会議長会の代表者が、地域課題の解決策を話し合う「兵庫県地方議会協議会」を開催しました。
 前回7月11日(月)に、それぞれの代表者から提案いただいた地域創生の実現に向けたテーマについて議論しました。
 会議では、市町県での先進的な取組事例について情報交換を行うとともに、保育士の処遇改善、教育環境の整備、地方創生交付金の弾力化等を市町県が一緒になって国へ求めていくことなど、活発な議論がなされました。
 <意見交換したテーマ>
 ・市議会議長会 「若者の地元就職や地元定住に向けた取組について」
 ・町議会議長会 「『自律(自立)のまちづくり』に向けた取組について」
 ・県議会 「『親子にやさしい兵庫』に向けた取組について」





夏の各会派政務調査会を開催(H28.8.4〜5)



 8月4日、5日の2日間、夏の各会派政務調査会が開催されました。
 兵庫県議会では、毎年度、8月、1月に県議会の全ての会派並びに無所属議員が主催して、各会派政務調査会が開催されております。
 このうち8月に行われる夏の各会派政務調査会は、当局から各部局ごとに主要な事業の進捗状況の説明を受け、議員が質疑を行うもので、各会派や無所属議員は、この議論をもとに9月には平成29年度当初予算に向けた重要政策を知事に提案したり、11月には次年度の当初予算編成に対する申し入れを行います。


自由民主党

公明党・県民会議

ひょうご県民連合

維新の会

日本共産党

無所属


平成29年度国の予算編成等に対する提案説明会(H28.8.2)



 8月2日(火)衆議院第2議員会館の会議室において平成29年度国の予算編成等に対する提案の説明会が開催されました。
 兵庫県知事から地域創生の本格化に向け各省庁に予算措置や制度整備、規制改革などの提案が行われましたが、県議会からは藤田議長が出席し、選挙期日と議員任期の「ずれ」を解消するための特例法の制定について、兵庫県選出の国会議員の皆様に、「地元議会が、全会派、全議会で一致しているこの期を逃すことなく、この問題を解決したい。」、「兵庫県固有の問題について解決を目指すという趣旨から、秋の臨時国会において地元議員の力で是非、法案を成立させていただきたい。」とお願いしました。







行財政構造改革調査特別委員会を開催(H28.8.1)



  8月1日(月)、行財政構造改革調査特別委員会が開催され、「第3次行革プランの総点検における課題と検討方向」について、当局の説明を受けました。
 委員会では、総点検の趣旨として次の3点が説明されました。
@ 改革期間が残り2か年となる中、平成30年度の目標達成を確実とするため、これまでの取組の検証と必要な対策を検討
A 国による地方一般財源総額の抑制方針や消費税率10%への引き上げの延期、社会保障費の増加など中長期的課題を踏まえ、平成31年度以降の行財政構造改革のあり方を検討
B 地域創生を実現し、平成30年度に県政150年の節目を迎える兵庫県にあって、未来の兵庫づくりにつながる施策展開をとりまとめ
 そして、平成31年度以降の行革の取組にあわせて、財政フレームや財政運営の目標のあり方について検討していくこと、また、組織、定員・給与、行政施策など9項目に分けて各分野ごとの検討方向等の説明を受けました。
 次回、8月17日(水)の委員会において、これらの内容について質疑を行う予定です。





平成28年度第1回兵庫県地方議会協議会を開催(H28.7.11)



 7月11日(月)、兵庫県議会と市議会議長会、町議会議長会の代表者が、地域課題の解決策を話し合う「兵庫県地方議会協議会」を開催しました。
 今年は地域創生元年です。県議会では文化や自然など、地域の多様性を活かし、活力を持って自立し、将来にわたり希望を持つことができる「ふるさと兵庫」の実現に向け、市町議会とも連携して推進を図ってまいりたいと考えております。
 こうしたことから、今回は、地域創生の実現に向けたテーマをそれぞれの代表者から提案し、テーマ選定の意図や問題意識を共有しました。
 次回、8月16日(火)の第2回協議会では、これらのテーマについて意見交換を行い、その成果を発信、実践することを通じて、地域創生の実現を目指します。

<各議会代表者から提案されたテーマ>
・市議会議長会 「若者の地元就職や地元定住に向けた取組について」
・町議会議長会 「『自律(自立)のまちづくり』に向けた取組について」
・県議会 「『親子にやさしい兵庫』に向けた取組について」





県議会・3市議会連絡会を開催(H28.7.4)



 7月4日、選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消を目指して、同じ問題を抱える県議会、神戸市会、西宮市議会、芦屋市議会の正副議長をメンバーとする「県議会・3市議会連絡会」が、西宮市議会で開催されました。
 県議会をはじめ3市議会でそれぞれ正副議長(芦屋市議会議長を除く)の交代がありましたが、改めて、この秋の臨時国会を目指して、「ずれ」解消のため次期議員の任期満了日を震災前の日に戻す特例法の制定を国に求めていくことを確認しました。
 また、今後は、議員立法を目指して、県議会、3市議会が一致協力して参議院選挙後のできるだけ早い時期に各政党本部や県選出国会議員に特例法制定の要請活動を行っていくこととなりました。



選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に向けた総務大臣への要望(H28.6.6)



 阪神・淡路大震災直後に議員の任期を延長した特例の影響で、県議会議員選挙から任期開始まで約2ヶ月の「ずれ」が生じています。
 同様の問題は、神戸、西宮、芦屋市議会、ならびに芦屋市長でも生じており、震災から20年以上が経過し、復旧・復興にも一定の目処がついた現在、関連する地方公共団体の関係者は、この問題の解決に一致して取り組んでいます。
 6月6日には、高市総務大臣に次期任期を短縮する特例法を制定いただくよう要望を行いました。
 今秋の臨時国会での法案成立を目指し、引き続き3市と連携しながら、「ずれ」の解消に取り組みます。



大学生による議会訪問を実施(H28.5.27)



 学生の県議会への理解を深め、県政への参加意識の醸成を図るため、神戸学院大学現代社会学部から依頼のあった「現代社会基礎実習」科目におけるゼミ授業での実習を5月27日に受け入れました。
 はじめに、山本議会事務局長による政策決定のプロセスについての講義が行われ、続いて本会議場の見学と議会の役割についての説明が行われました。その後、学生と石川議長、上田副議長、水田総務常任委員会副委員長、高橋健康福祉常任委員会委員長、あしだ産業労働常任委員会委員長、越田農政環境常任委員会委員長と、学生が神河町で行っている地域活性化の取り組みについて、意見交換が行われました。





大学生との意見交換等を実施(H28.5.16)



 若者の県議会への関心を高めるため参加者を募り、兵庫県立大学など6大学から19名が、常任委員会開催日に県議会を訪れました。
 参加者は、文教常任委員会を傍聴したほか、石川議長、上田副議長、藤本文教常任委員会委員長、迎山文教常任委員会副委員長を交えて、委員会を傍聴した感想や県議会の印象、若者の県議会への積極的な参画を図るための方法について、意見交換を行いました。





第9回新任議員等研修・交流会を実施(H28.5.16)


 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第9回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、「議会の政策立案機能の強化について」をテーマに、同志社大学大学院新川教授にご講演いただき、意見交換を行いました。





ドイツシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州議会議長による議長表敬(H28.5.13)


 ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州のクラウス・シュリー州議会議長、イェッテ・ヴァルディンガー・ティエリング議員が石川県議会議長を表敬訪問し、兵庫県とシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州とのさらなる友好交流促進を確認しました。
 兵庫県とシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州は、平成9年に経済交流を中心とした「覚書」を締結して以来、様々な分野で友好の絆を深めています。







平成28年熊本地震に対する見舞金の贈呈(H28.4.28)


 平成28年熊本地震により甚大な被害を受けた熊本県に対し、石川議長が熊本県大阪事務所に目録と見舞状を届け、議員全員の拠出金による見舞金30万円をお送りしました。



第8回新任議員等研修・交流会を実施(H28.4.18)


 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第8回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、中小企業振興条例の議員提案について、内藤各会派政務調査会長会座長から講演を聞き、意見交換を行いました。





第7回新任議員等研修・交流会を実施(H28.3.24)


 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第7回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、「ひょうごの農林水産業」について、田中農政企画局長から、「地域力で創る環境先導社会“豊かで美しいひょうご”の実現」について、M西環境創造局長から講演を聞き、意見交換を行いました。





田中農政企画局長

M西環境創造局長
議長・副議長と大学生との意見交換等を実施(H28.2.18)


 2月定例会開会日に、大学生20名が県議会を訪れ、本会議を傍聴したほか、石川議長、上田副議長を交えて、本会議を傍聴した感想や若者の県議会への関心を高めるために必要なことなどについて活発に意見交換を行いました。若者の県議会への関心を高めるため、県下の大学生に参加者を募ったもので、兵庫県立大学など5大学から参加いただきました。






地方議会協議会の活性化に向けた協議を実施(H28.1.28)


 地域創生の実現に地方議会が一層大きな役割を果たすため、県議会の石川議長、上田副議長、市議会議長会の津田会長(尼崎市議会議長)、町議会議長会の西岡会長(佐用町議会議長)が県議会議長室で会合を開き、地方議会協議会の活性化に向けて話し合いました。
 これまで年1回開催していた協議会を年2回に見直し、「地域創生」に向けた取組について議論を行うとともに、県市町議会の活性化を図る上での連携のあり方についても検討することを決めました。





左から西岡町議会議長会会長、
石川県議会議長、上田副議長、
津田市議会議長会会長

各会派政務調査会を開催(H28.1.6〜1.8)


 平成28年度当初予算の編成状況や重要施策などについて、会派ごとに県庁の全部局から説明を受けました。議員からは、地域創生戦略を踏まえた具体的な施策や第3次行革プランの見直しなどについて質問が行われました。平成28年度当初予算については、今後、2月定例会における具体的な審議を経て、3月末に決定される予定です。


自由民主党

公明党・県民会議

民主党・県民連合

維新の会

日本共産党

無所属


第6回新任議員等研修・交流会を実施(H27.12.17)



 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第6回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、「次なる大災害に備えて」をテーマに、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構の五百旗頭(いおきべ)理事長にご講演いただきました。今後も新任議員等の研鑽を図っていきます。





第5回新任議員等研修・交流会を実施(H27.11.18)



 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第5回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、子ども、子育て対策について、四海(しかい)健康福祉部こども局長から講演を聞き、意見交換を行いました。





平成28年度当初予算編成に対する申し入れ(H27.11.6)



 平成28年度当初予算編成に対する申し入れが行われました。
 各会派などが知事に対して9月11日に行った重要政策提言をふまえ、その政策の実現が図られるよう予算要求にあたり、特に重要とされる事項を申し入れるものです。
 この日は自由民主党、公明党・県民会議、民主党・県民連合、維新の会、日本共産党、無所属議員が知事などに対して、申し入れを行いました。
 ※予算申し入れの詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることができます。

第4回新任議員等研修交流会を実施(H27.10.29)



 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第4回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、県民の安全・安心の確保や暮らしを支える社会基盤整備について、 杠(ゆずりは)県土安全参事、服部技術企画課長から講演を聞き、意見交換を行いました。





平成27年度兵庫県地方議会協議会を開催(H27.10.9)



 兵庫県議会と県内市町議会の代表者が、地域課題の解決策を話し合う「兵庫県地方議会協議会」を、県議会会議室において開催しました。
 今年度は、「公共施設等の老朽化対策について」「市町連携による観光・ツーリズムの振興について」「地域創生の実現に向けた「出さない」「戻す」「引きつける」対策について」をテーマに意見交換しました。







質問者用演壇の活用による質疑・質問の活性化(H27.9.28)



 本会議での議論を活性化させるとともに、傍聴に来られた方々にも議論のやりとりが分かりやすくなるよう、9月定例会より、質疑・質問において、答弁聴取及び再質問の際には質問者待機席及び質問者用演壇を使用することを原則とし、すべて対面で行うこととしました。



本会議場に親子傍聴席を設置(H27.9.28)



 幅広く県民に開かれた県議会を目指し、9月定例会より、児童、乳幼児と一緒に傍聴できるよう、ベビーベッドを備えた親子傍聴席を設置しました。



平成27年度兵庫県議会政調懇話会を開催(H27.9.17)



 政調懇話会は、県政の課題に関する調査・研究等を通じて、議員の政策立案・提言力、監視・評価力等の資質向上を図ることを目的として、毎年、県議会議長の主催により開催しています。
 今年度は、東京大学公共政策大学院客員教授・野村総合研究所顧問の増田 寛也氏をお招きし、「地域創生の実現に向けて」をテーマに、人口減少等の現状やまち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」「総合戦略」の全体像、地域創生のポイントなどについてご講演いただきました。







第3回新任議員等研修・交流会を実施(H27.9.16)



 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第3回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、平成27年度当初予算、第3次行革プランについて、兵庫県の中山財政課長、和泉新行政課長にご説明いただいた後、意見交換を行いました。




中山財政課長

和泉新行政課長
平成28年度当初予算編成に対する重要政策提言(H27.9.11)



 各会派などから知事に対して、平成28年度当初予算編成に対する重要政策提言を行いました。
 来年度の県政において、重要施策として取り組むべき項目について、基本的方向や新規施策などの提言を行うものです。


自由民主党

公明党・県民会議

民主党・県民連合

維新の党

日本共産党

無所属
ワシントン州友好訪問団による議長表敬(H27.9.2)



 ワシントン州議会上院のカレン・フレーザー議員ら友好訪問団一行21人が石川議長を表敬訪問し、兵庫県とワシントン州とのさらなる友好交流促進を確認しました。
 兵庫県とワシントン州は、昭和38年10月に友好提携を結んで以来、様々な分野でその絆を深めており、平成25年に友好提携50周年を迎えています。







兵庫県立伊丹北高等学校放送委員会に議長感謝状を贈呈(H27.8.31)



 議会広報テレビ番組「県議会リポート」の制作にあたり、インタビュアーとして県議会の広報活動に取り組み、県民への情報発信に貢献した県立伊丹北高等学校放送委員会に議長感謝状を贈りました。
 この日、県議会でのインタビュー収録を終えた平岩滉さんと宮田愛奈さんが議長室を訪れ、石川議長から感謝状を受け取りました。
 番組は、サンテレビで9月5日(土)、10月3、10、17日(土)の午後5時45分〜6時に放映します。







各会派政務調査会を開催(H27.8.6〜8.7)



 会派ごとに、県庁の全部局から主要事業の進捗状況等について説明を受け、様々な質疑を行いました。
 今後、会派内で議論を重ね、来年度に向けた重要施策提言や予算申し入れなどを行っていく予定です。


自由民主党

公明党・県民会議

民主党・県民連合

維新の党

日本共産党

無所属


石川議長がイタリア・ミラノを訪問(H27.7.15〜H27.7.20)



 石川議長が、7月15日から20日にかけて知事からの招請を受け、ミラノ国際博覧会におけるひょうごウィーク開催に合わせイタリア・ミラノを訪問しました。また、ミラノ市内で開催された兵庫県主催プロモーションにも参加し、欧州のハイクラスゲストに対し、ひょうごブランド産品や観光資源等のひょうごの『魅力』の情報発信を行ってきました。

 その他にも、地元のロンバルディア州議会を表敬訪問し、開催中の委員会に立ち会い、ラファエロ・カッターネオ州議会議長と意見交換を行うなど交流を深めました。


兵庫県主催プロモーション

ロンバルディア州議会を表敬訪問


第2回新任議員等研修・交流会を実施(H27.7.17)



 会派を越え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかう新任議員等研修・交流会の第2回目が、県議会中会議室で開催されました。
 今回は、「兵庫の地域創生」をテーマに、兵庫県の早金地域創生局長から、人口減少の現状と将来、兵庫県の取り組みなどについて講演いただいた後、意見交換を行いました。

上田副議長あいさつ

早金兵庫県地域創生局長の講演


石川議長がラジオにゲスト出演、県議会を広報(H27.7.7)



 石川議長がラジオ関西の「時間です!林編集長」にゲストとして生出演。政務活動費の制度改正から、県議会議員の仕事、地域創生への取り組みや丹波豪雨災害などについて、幅広く広報しました。






第1回新任議員等研修・交流会を実施(H27.6.24)



 新任議員が党派の違いを超え、議員自身や県議会のあるべき姿について共通認識をつちかうとともに、自由な議論や交流を行う「新人議員等研修・交流会」を、議長の主宰により、年内に6回の予定で開催します。
 第1回目の今回は、元議会改革等調査検討委員会委員長の山本敏信議員を講師に、「議会基本条例制定の経緯、目指すもの」と題して講話いただいた後、意見交換を行いました。

石川議長あいさつ

山本議員の講話


新人議員等を対象とした政務活動費についての説明会を開催(H27.5.20)



 新議会における政務活動費の適正な執行を確保するため、新任議員等に対して新しいルールの趣旨や内容を徹底することを目的に、「政務活動費についての説明会」を開催いたしました。

梶谷議長あいさつ(PDF)

梶谷議長あいさつ

新川同志社大学大学院教授の講演


フラワープリンセス兵庫県議会来訪(H27.4.30)



 兵庫の花と緑をPRするシンボルとして活躍するフラワープリンセスひょうご2015に選ばれた3名(森田茉里恵さん、剣ア陽子さん、十河里佳子さん)が、梶谷議長、松本副議長を訪問しました。
広東省人民代表大会常務委員会代表団一行による議長表敬(H27.4.27)



 広東省人民代表大会常務委員会の房慶方委員ら一行6人が梶谷県議会議長を表敬訪問し、兵庫県と広東省とのさらなる友好交流促進を確認しました。
 兵庫県と広東省は、昭和58年3月に姉妹提携を結んで以来、様々な分野で友好の絆を深めています。
議場コンサートを開催(H27.2.16)



 第326回定例県議会の開会に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。2月定例会開会日の恒例となっている議場コンサートは、平成18年に始まり、今回で10回目を数えています。
 レジデント・コンダクターの岩村 力さんの指揮で、「ラ・ペリ」のファンファーレ、タイスの瞑想曲、フィンランディアが演奏された後、来場の県民の皆さんと県議会議員など入場者全員で「ふるさと」を合唱しました。
政調懇話会を開催(H26.12.12)



 政調懇話会は、行政各般にわたる知識、情報を的確に把握し、議会の監視機能や政策形成能力の強化を図ることを目的として、毎年、県議会議長の主催により開催しています。
 今年度は、政策研究大学院大学教授の飯尾潤氏をお招きし、「政策環境が激変する中での自治体運営の課題」をテーマに、人口減少社会や経済構造の変化など環境が大きく変わる中での自治体運営と議会の役割についてご講演いただきました。
議会改革の取組の検証に関する報告書を提出(H26.12.12)



 県議会では、今任期当初(平成23年6月)に議会改革の検討に着手し、議会基本条例の制定、本会議での新たな質問方式の導入や委員会審査の充実など、議会機能の強化や開かれた議会の実現への取組を実施してきました。
 任期最終年である今年度には、これらの取組を検証するため、議会改革検証委員会(委員長:石堂則本議員、副委員長:岸口実議員)を設置し、調査、検討を進め、12月12日、議長に検証結果の答申を行いました。
平成27年度当初予算編成に対する申し入れ(H26.11.5)



 平成27年度当初予算編成に対する申し入れが行われました。
 各会派などが知事に対して9月10日に行った重要政策提言をふまえ、その政策の実現が図られるよう予算要求にあたり、特に重要とされる事項を申し入れるものです。
 この日は自由民主党、民主党・県民連合、公明党・県民会議、日本共産党、県政クラブ・連合、無所属議員が知事などに対して、申し入れを行いました。
 ※※予算申し入れの詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることができます。
〈自由民主党〉
自由民主党
〈民主党・県民連合〉
民主党・県民連合
〈公明党・県民会議〉
公明党・県民会議
〈日本共産党〉
日本共産党
〈県政クラブ・連合〉
県政クラブ・連合
〈無所属〉
無所属
平成27年度当初予算編成に対する重要政策提言(H26.9.10)



 各会派から知事に対して、平成27年度当初予算編成に対する重要政策提言を行いました。
 来年度の県政において重要施策として取り組むべき項目を提言するという趣旨で、県政の基本的方向がどうあるべきかについて、具体的な新規施策などの提言を行うものです。
 ※重要施策提言の詳しい内容については、このホームページ内の議会探訪の各会派のページから見ることができます。
〈自由民主党〉
自由民主党
〈民主党・県民連合〉
民主党・県民連合
〈公明党・県民会議〉
公明党・県民会議
〈日本共産党〉
日本共産党
〈県政クラブ・連合〉
県政クラブ・連合
〈無所属〉
無所属
地方議会協議会を開催(H26.8.22)



 平成26年度兵庫県地方議会協議会を兵庫県議会特別会議室において開催しました。
 この会議は、県議会と市議会・町議会が、地域課題や政策課題の解決について意見を交わし、情報を共有するとともに、県下の地方議会相互の連携を図ることを目的としています。今年度は、「観光振興による地域の活性化について」と「介護保険制度を中心とした高齢社会対策について」をテーマに協議が行われました。

 border= 
   border= 
   border= 
 
兵庫県・ハバロフスク地方友好提携45 周年記念事業等へ参加(H26.8.17〜8.21)



 本年は、ロシア・ハバロフスク地方との友好提携45 周年を迎えることから、これを記念して、松本副議長を団長とする友好訪問団を組織し、同地方等を訪問しました。
 現地では、共同声明調印式に出席するとともに、ウラジオストクやハバロフスクにおける工業品や農産物の生産・流通等の状況や日本企業とロシア企業のビジネスマッチングの取組などについて調査を行いました。

〈ハバロフスク地方議会訪問〉
ハバロフスク地方議会訪問
〈ハバロフスク地方政府訪問〉
ハバロフスク地方政府訪問
各会派政務調査会を開催(H26.8.7〜8.8)



 会派ごとに県庁の全部局から、2日間に渡り主要事業の進捗状況等について説明を受け、質疑を行いました。今後、会派内で議論を重ね、来年度に向けた重要施策提言や予算申し入れなどを行います。

〈自由民主党〉
自由民主党
〈民主党・県民連合〉
民主党・県民連合
〈公明党・県民会議〉
公明党・県民会議
〈日本共産党〉
日本共産党
〈県政クラブ・連合〉
県政クラブ・連合
〈無所属〉
無所属
フラワープリンセス兵庫県議会来訪(H26.4.30)



 兵庫の花と緑をPRするシンボルとして活躍するフラワープリンセスひょうご2014に選ばれた3名(田中晴奈さん、元木りささん、大杉悠月さん)が、石堂議長、加田副議長を訪問しました。

〈フラワープリンセス兵庫県議会来訪〉 
 
西オーストラリア州議会下院議長一行及び上院議員団一行による議長表敬(H26.4.14、4.25)



 西オーストラリア州議会のマイケル・サザランド下院議長ら一行9人が4月14日に、また、フィリップ・エドマン上院院内幹事を団長とする一行7人が4月25日に、それぞれ石堂県議会議長を表敬訪問し、兵庫県と西オーストラリア州とのさらなる友好交流促進を確認しました。
 兵庫県と西オーストラリア州は、昭和56年6月に姉妹提携を締結し、平成23年には提携30周年の記念事業が行われました。

〈西オーストラリア州議会下院議長一行及び上院議員団一行による議長表敬〉 
  〈西オーストラリア州議会下院議長一行及び上院議員団一行による議長表敬〉
マイケル・サザランド西オーストラリア州議会下院議長一行
〈西オーストラリア州議会下院議長一行及び上院議員団一行による議長表敬〉
フィリップ・エドマン西オーストラリア州議会上院院内幹事一行
議場コンサートを開催(H26.2.18)



 第322回定例県議会の開会に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。2月定例会開会日の恒例となっている議場コンサートは、平成18年に始まり、今回で9回目を数えています。
 レジデント・コンダクターの岩村 力さんの指揮で、ロッシーニの歌劇「ウイリアム・テル」序曲よりスイス独立軍の行進、エルガーの「愛の挨拶」、スッペの喜歌劇「軽騎兵」が演奏された後、来場の県民の皆さんと県議会議員など入場者全員で「ふるさと」を合唱しました。

〈議場コンサートを開催〉 
  〈議場コンサートを開催〉 
  〈議場コンサートを開催〉 
 
行財政構造改革調査特別委員会(報告書提出H26.1.27)



 行財政構造改革調査特別委員会(委員長:加茂忍議員、副委員長:石井健一郎議員)は、平成25年6月の設置以降、第2次行革プラン策定後の取組状況や今後の課題、検討方向、さらに昨年12月に示された第3次行革プランについて慎重に調整を重ね、その結果を調査報告書にとりまとめ、1月27日に議長に提出しました。また、同日、石堂議長から知事に手渡されました。

産業労働常任委員会  県民との意見交換会(H26.1.23)



 産業労働常任委員会では、1月22日〜24日に実施した管内調査(但馬・丹波地区)において、「但馬地域の観光振興について」をテーマに城崎温泉 若旦那の会の皆さんとの意見交換会を行いました。
 日頃の若旦那の会の活動についてお話を伺った後、但馬地域全体の観光振興のために取り組むべきことなどについて、委員と出席者との間で活発な意見交換が行われました。
(於:西村屋ホテル招月庭)
〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
 
県民との意見交換会(警察常任委員会)を開催(H26.1.22)



 警察常任委員会では、1月21日〜22日に実施した管内調査(阪神地区)において、川西市清和台の地域防犯活動について清和台自治会の皆さんとの意見交換会を行いました。自治会が独自で行っている防犯カメラの設置やパトロールについてお話を伺った後、住民の防犯まちづくり活動について活発な意見交換が行われました。
(於:川西市清和台第2自治会館)

〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
 

各会派政務調査会を開催(H26.1.8〜10)



 平成26年度当初予算の編成状況や重要施策などについて、会派ごとに県庁の全部局から説明を受けました。平成26年度当初予算については、今後、2月定例会における具体的な審議を経て、3月末に決定される予定です。

〈各会派政務調査会〉
自由民主党
〈各会派政務調査会〉
民主党・県民連合
〈各会派政務調査会〉
公明党・県民会議
〈各会派政務調査会〉
日本共産党
〈各会派政務調査会〉
無所属

政調懇話会を開催(H25.12.13)



 政調懇話会は、行政各般にわたる知識、情報を的確に把握し、議会の監視機能や政策形成能力の強化を図ることを目的として、毎年、県議会議長の主催により開催しています。
 今年度は、神戸国際大学経済学部教授の中村智彦氏をお招きし、「今後の地域経済の展望について」をテーマに、国内外の経済情勢の動向や影響、今後の展望、本県の経済が元気を取り戻していくために、自治体や企業に求められる対応についてご講演いただきました。

〈政調懇話会〉 
  〈政調懇話会〉 
  〈政調懇話会〉 
 

岡山・鳥取・兵庫3県議会正副議長会議の開催(H25.11.21)



 この会議は、岡山・鳥取・兵庫の三県の正副議長が共通の課題について協議し、相互の連携を図るとともに、協力関係を構築するため、昭和63年度から毎年開催しています。
 今年度は兵庫県議会で開催され、議会改革や野生動物による農林業被害対策などについて協議が行われました。

〈岡山・鳥取・兵庫3県議会正副議長会議〉 
  〈岡山・鳥取・兵庫3県議会正副議長会議〉 
 

県民との意見交換会(建設常任委員会)を開催(H25.11.19)



 建設常任委員会では、11月19日〜20日に実施した管内調査(中播磨・西播磨地区)において、一般社団法人兵庫県建設業協会姫路支部の皆さんと「県内建設業者の経営状況等について」をテーマに意見交換会を行いました。
 兵庫県建設業協会姫路支部の状況や活動についてお話しを伺った後、県内でも地域の建設業者数が多いことから、競争が激しく建設業者の経営状況は厳しいこと、若者がなかなか就職しないこともあり、建設業従事者のうち29歳以下の者は11%しかおらず、技術の継承に支障が生じるおそれがあること、などの課題とその対応策について、委員と出席者との間で活発な意見交換が行われました。
(於:姫路建設会館)

〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
 

13都道府県議会議長会議の開催(H25.11.18)



 第219回13都道府県議会議長会議が兵庫県で開催されました。  この会議は、大都市を抱える13都道府県の正副議長が一堂に会し、共通の政策課題の解決のため、一丸となって国への要望活動を展開するために開催されています。
 会議では、各都道府県から一つずつ議案を提出し(兵庫県議会:「消費税率引き上げに伴う地方財政への適切な対応について」)、審議を行い、テーマごとに11件にまとめて採択されました。採択された要望は国に提出します。

 13都道府県(北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、広島県、福岡県、兵庫県)

〈13都道府県議会議長会議〉 
  〈13都道府県議会議長会議〉 
 

平成26年度当初予算編成に対する申し入れ(H25.11.11)



 平成25年度当初予算編成に対する申し入れが行われました。
 各会派などが知事に対して9月13日に行った重要政策提言をふまえ、その政策の実現が図られるよう予算要求にあたり、特に重要とされる事項を申し入れるものです。
 この日は自由民主党、民主党・県民連合、公明党・県民会議、日本共産党、無所属議員が知事などに対して、申し入れを行いました。
 ※予算申し入れの詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることができます。
県民との意見交換会(健康福祉常任委員会)を開催(H25.11.8)


 健康福祉常任委員会では、11月7日〜8日に実施した管内調査(阪神地区)において、西宮市にある西宮市民交流センターで、「生活保護受給世帯への学習支援等について」をテーマにNPO法人ブレーンヒューマニティー、一般社団法人Chance for Chirdrenの皆さんとの意見交換会を行いました。
 意見交換会では、参加する子どもの募集方法や活動に対する行政の支援、行政への働きかけ、また、福祉理念の重要性など、生活保護世帯の子どもの学校外教育について、委員と出席者との間で活発な意見交換が行われました。(於:西宮市民交流センター)

〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
 

県民との意見交換会(警察常任委員会)を開催(H25.11.6)


  警察常任委員会では、11月6日〜8日に実施した管内調査(但馬・丹波地区)において、篠山市の、かつての地域の教育拠点であった「中立舎(ちゅうりゅうしゃ)」で、防犯について地域の皆さんとの意見交換会を行いました。
 委員一行が地域の高齢者サロンに参加し、まず、地元の主婦2人で結成されたコンビ「まるっち〜ず」の漫才による“防犯講話”を聞きました。高齢者の詐欺被害を防ぐための知識を楽しく伝えるこのような取組は好評を博しており、「まるっち〜ず」は、最新の犯罪情報や対処法を警察から聞きながら、県下で年間に約100回の公演を行っているとのことでした。講話後は、委員と参加者、地域の警察官を交え、高齢者をオレオレ詐欺や悪質な勧誘行為から守る取組について、活発な意見交換が行われました。
                                       (於:中立舎)

〈意見交換会〉 
  〈意見交換会〉 
 

県議会 第10回世界閉鎖性海域環境保全会議(エメックス10)訪問団(H25.10.28〜11.3)


  瀬戸内海などの世界の閉鎖性海域における環境の保全と適正な利用を目指し、本県の提唱により始まった世界閉鎖性海域環境保全会議の第10回会議がトルコ共和国マルマリス市で開催されました。
 県議会としても、エメックス議員連盟を結成しこの取り組みを支援してきたことから、訪問団を組織して同会議に出席するとともに、併せて、近年、目覚ましい経済成長を遂げているトルコにおける社会基盤整備関連施策や、我が国と同じ地震国であるトルコの防災関連施策等の調査を行いました。

〈エメックスナイト(交流夕食会)にて発表の県立高校生を激励〉 
  エメックスナイト(交流夕食会)にて発表の県立高校生を激励 〈エメックス会議開会セッション〉 
  エメックス会議開会セッション 〈エメックス会議会場にて井戸知事と記念撮影〉 
  エメックス会議会場にて井戸知事と記念撮影 〈マルマリス港にて港湾施策の調査〉 
  マルマリス港にて港湾施策の調査 〈イスタンブール市上下水道管理局にて水道・下水道施策の調査〉 
  イスタンブール市上下水道管理局にて水道・下水道施策の調査 〈在イスタンブール日本国総領事公邸福田総領事と意見交換〉 
  在イスタンブール日本国総領事公邸福田総領事と意見交換 〈イスタンブール市災害調整センターにて防災施策の調査〉 
  イスタンブール市災害調整センターにて防災施策の調査 〈大成建設事務所にてボスポラス海峡横断トンネルプロジェクトの調査〉 
  大成建設事務所にてボスポラス海峡横断トンネルプロジェクトの調査

仏ノール県議会議長一行による議長表敬訪問(H25.9.19)


  兵庫県とフランス ノール県との友好交流を促進するため、同県議会パトリック・カネール議長が、石堂県議会議長を表敬訪問しました。
 竹内産業労働常任委員長も同席し、今後、経済分野などで交流の輪を広げていくため、両県議会が取り組むべき交流のあり方について意見交換を行いました。兵庫県とノール県は、同日、経済や教育、文化などで交流を促進する共同声明を締結しました。

〈表敬訪問〉 
  〈表敬訪問〉 
 

平成26年度当初予算編成に対する重要政策提言(H25.9.13)


 各会派から知事に対して、平成26年度当初予算編成に対する重要政策提言を行いました。
 来年度の県政において重要施策として取り組むべき項目を提言するという趣旨で、県政の基本的方向がどうあるべきかについて、具体的な新規施策などの提言を行うものです。
 ※重要施策提言の詳しい内容については、このホームページ内の議会探訪の各会派のページから見ることができます。
県民との意見交換会(文教常任委員会)を開催(H25.9.12)


 文教常任委員会では、9月10日〜12日に実施した管内調査(但馬・丹波地区)において、香美町にある県立村岡高等学校仮校舎で、「地域と連携した学校づくり」をテーマに県立村岡高等学校 学校運営連携協議会、県立村岡高等学校 学校評議員の皆さんとの意見交換会を行いました。
 意見交換会では、小規模校である同校の存続、地元における卒業後の働ける場所づくり、地元の魅力ある食や自然等の全国への発信など、生徒の現在と将来づくりについて、委員と出席者との間で活発な意見交換が行われました。(於:県立村岡高等学校)

〈意見交換会〉
 

県民との意見交換会(建設常任委員会)を開催(H25.9.4)


 建設常任委員会では、9月3日〜5日に実施した管内調査(但馬丹波地区)において、一般社団法人兵庫県建設業協会豊岡支部ほか4支部の皆さんと「県内建設業者の経営状況等について」の意見交換会を行いました。
 その中で、地域の建設業者の経営状況は厳しく、たとえば、地域のためにと誇りを持って取り組んできた冬季の除雪作業も経営の悪化等によりむずかしくなり、新たな対策を考える必要があること、若者の就労促進のため業界としてイメージアップに取り組む必要があること、建設業以外の業への進出などについて熱心に意見交換が行われました。(於:豊岡建設会館)

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

県民との意見交換会(総務常任委員会)を開催(H25.9.2)


 総務常任委員会では、9月2日〜3日に実施した管内調査(西播磨地区)において、宍粟市にある県立国見の森公園を訪問、西播磨地域ビジョン委員会の皆さんとの意見交換会を行いました。
 西播磨地域ビジョン委員会では、「改訂版西播磨地域ビジョン」に定める4つの夢「人の輪社会」「安全安心社会」「環境王国」「きらきら西播磨」の実現を目指して、それぞれの夢に対応する8つの推進チームを設置。各チームでは、子育て支援や特産物の掘り起こし、地域イベントのPRなど自主的なグループ活動に取り組んでいます。
 意見交換会では、各グループの代表者から活動についてお話を伺った後、「地域の活性化」をテーマに、環境学習の推進、廃校・廃施設の有効利用、ITを活用した情報発信などの課題や解決方策等について、委員と出席者との間で活発な意見交換が行われました。(於:国見の森公園研修室)

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

中学生県議会(H25.8.27)


 兵庫県議会において、「中学生県議会2013 〜提案します! キラキラ輝け、兵庫の未来〜」が公益社団法人日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会の主催により開催されました。
 兵庫県下83名の中学生が、兵庫県という同じ故郷を持つ仲間と、「自分たちが兵庫の未来を想像するのだ!」と兵庫の未来について考え、語り合い、質問や意見をまとめ、知事や加田副議長をはじめ、参加した県議会議員と意見を交わしました。

〈中学生県議会〉

〈中学生県議会〉

〈中学生県議会〉

〈中学生県議会〉

〈中学生県議会〉

県議会 ワシントン州 友好訪問団(H25.8.18〜8.24)


 本年は、アメリカ合衆国ワシントン州との友好提携50周年を迎えることから、これを記念して、石堂議長を団長とする訪問団を結成し、同州を訪問し、現地での共同声明調印式や合同レセプションなど記念事業へ出席するとともに、州議会議員等との意見交換会、ワシントン州における自然エネルギーの活用状況や農産物のブランド戦略等について調査を行いました。

〈友好訪問団〉
新西宮ヨットハーバーとスワンタウンマリーナ調印式
〈友好訪問団〉
州警察学校にて訓練プログラム調査
〈友好訪問団〉
州議会との意見交換会
〈友好訪問団〉
共同声明調印式
〈友好訪問団〉
州議事堂内にて井戸知事と記念撮影
〈友好訪問団〉
州職業訓練局にて 障害者自立支援策調査
〈友好訪問団〉
風力・太陽光発電施設にて調査
〈友好訪問団〉
農産物ブランド戦略調査

地方議会協議会を開催(H25.8.16)


 平成25年度兵庫県地方議会協議会を兵庫県議会特別会議室において開催しました。
 この会議は、県議会と市議会・町議会が、地域課題や政策課題の解決について意見を交わし、情報を共有するとともに、県下の地方議会相互の連携を図ることを目的としています。今年度は、「あるべき広域行政体制について」と「人口減少社会への対応について」をテーマに協議が行われました。

〈地方議会協議会〉

〈地方議会協議会〉

各会派政務調査会を開催(H25.8.8〜8.9)


 会派ごとに兵庫県の全部局から、主要事業の進捗状況等について説明を受け、様々な質疑を行いました。今後は、会派内で議論を重ね、来年度に向けた重要施策提言や予算申し入れなどを行って行く予定です。

〈自由民主党〉
自由民主党
〈民主党・県民連合〉
民主党・県民連合
〈公明党・県民会議〉
公明党・県民会議
〈日本共産党〉
日本共産党
〈無所属〉
無所属

兵庫県地方分権推進自治体代表者会議の開催(H25.8.5)


 兵庫県の地方六団体(兵庫県、兵庫県議会、兵庫県市長会、兵庫県市議会議長会、兵庫県町村会、兵庫県町議会議長会)が結束して、地方自治に関する諸課題に機動的に取り組むために、兵庫県地方分権推進自治体代表者会議が兵庫県公館で開催されました。
 兵庫県議会からは石堂則本議長が出席し、地方分権改革の着実な推進、地方税財政の充実強化に関する意見交換を行い、この代表者会議の中で出された意見などを提言として取りまとめました。8月7日には、県選出国会議員等に要請活動を行いました。

〈代表者会議〉

〈代表者会議〉

県民との意見交換会(農政環境常任委員会)を開催(H25.8.2)


 農政環境常任委員会では、7月31日〜8月2日にかけて実施した管内調査(但馬・丹波地区)において、丹波市稲畑地区を訪問、地区住民の皆さんとの意見交換会を行いました。
 稲畑地区は、「稲畑」の地名のとおり、水稲を中心とした農業が盛んな地域です。集落では、高齢化などによって農作業が困難となる世帯の増加が更に懸念されるため、「農事組合法人 稲畑どろんこ会」を設立し、農作業の受託を進めるとともに、新規就農者の受け入れ、育成支援にも積極的に取り組んでいます。
 意見交換会では、Iターンによる新規就農者から農業に対する深い思いや地域への愛着等についてお話を伺い、農村環境の維持増進に向けた「人・農地プラン」策定の重要性や農地の集積と担い手の育成などの様々な課題、その解決方策等について、委員と出席者との間で活発な意見交換が行われました。(於:稲畑地区公民館)

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

在神戸大韓民国総領事議長表敬訪問(H25.6.28)


 在神戸大韓民国総領事館の李成権(イ・ソングォン)総領事が、石堂県議会議長を表敬訪問し、日韓の民間交流などについて意見交換を行いました。(在神戸総領事館は、兵庫県をはじめ、岡山県、鳥取県、香川県、徳島県の5県を管轄しています。)

〈表敬訪問〉

〈表敬訪問〉

石堂議長、加田副議長記者会見(H25.6.12)


 6月12日、6月定例会閉会後、新たに選出された石堂則本議長(佐用郡選出)、加田裕之副議長(神戸市長田区選出)が、県政記者クラブにおいて、就任の感想や抱負について会見を開きました。議会機能をさらに強化するだけでなく、行財政構造改革など懸案事項の解決や地方分権改革などについて、現場からの議論を進めたいと決意を表明しました。

〈石堂議長、加田副議長記者会見〉

フラワープリンセス兵庫県議会来訪(H25.5.1)


 兵庫の花と緑をPRするシンボルとして活躍するフラワープリンセスひょうご2013に選ばれた3名(兼信 彩さん、小林 佳美さん、朝野 絵理さん)が藤原議長を訪問しました。

〈フラワープリンセスひょうご2013〉

議場コンサートを開催(H25.2.19)


 第317回定例県議会の開会に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。議場コンサートは平成18年に始まり、今回で8回目を数え、2月定例会開会日の恒例となっています。
 岩村 力さんの指揮で、ドヴォルザークの「スラブ舞曲」、ヴィヴァルディの四季「春」、ベルリオーズの「ローマの謝肉祭」など3曲が演奏された後、県議会議員と来場の県民の皆さんの入場者全員で「ふるさと」を合唱しました。

〈議場コンサート〉

〈議場コンサート〉

〈議場コンサート〉

〈議場コンサート〉

県民との意見交換会(健康福祉常任委員会)を開催(H25.1.22)


 健康福祉常任委員会の管内調査(阪神地区)の中で、障害者のグループホームを運営する社会福祉法人「ホーム塩屋」の皆さんと、知的障害のある方への自立支援について意見交換を行いました。同法人の理事長から、ホーム塩屋設立のきっかけやアメリカでの自身の体験、欧米と比較した我が国の障害者施策の課題などをお聞きし、知的ハンディを持つ人たちへの理解の増進や生まれ育った地域の中で障害者が生活していくために必要なことなどについて、健康福祉常任委員会委員と熱心に議論を行いました。
(於:神戸ハーバーランド庁舎)

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

各会派政務調査会を開催(H25.1.9〜1.11)


 平成25年度当初予算の編成状況や重要施策などについて、会派ごとに県庁の全部局から説明を受けました。平成25年度当初予算については、今後、2月定例会における具体的な審議を経て、3月末に決定される予定です。

自由民主党
自由民主党
民主党・県民連合
民主党・県民連合
公明党・県民会議
公明党・県民会議
日本共産党
日本共産党
無所属
無所属

近畿6府県議員交流フォーラムを開催(H24.11.20)


 第9回近畿6府県議員交流フォーラムが兵庫県議会で開催されました。
 このフォーラムは近畿圏における府県議会議員の共通課題について、近畿6府県の議員が意見交換を行い、近畿圏の府県議会議員の連携・交流を推進するものです。
 今年度は、地方自治「議会機能の充実について」、環境・エネルギー「再生可能エネルギーの活用促進について」、防災「自然災害への対応について」、産業振興「産業集積と海外移転への対応について」の4分野について、熱心な意見交換が行われました。

藤原議長 挨拶
藤原議長 挨拶
分科会コーディネーター
分科会コーディネーター
第1分科会「地方自治」
第1分科会「地方自治」
第2分科会「環境・エネルギー」
第2分科会「環境・エネルギー」
第3分科会「防災」
第3分科会「防災」
第4分科会「産業振興」
第4分科会「産業振興」

平成25年度当初予算編成に対する申し入れ(H24.11.9)


 平成25年度当初予算編成に対する申し入れが行われました。
 各会派などが知事に対して9月10日に行った重要政策提言をふまえ、その政策の実現が図られるよう予算要求にあたり、特に重要とされる事項を申し入れるものです。
 この日は自由民主党、民主党・県民連合、公明党・県民会議、日本共産党、無所属議員が知事などに対して、申し入れを行いました。
予算申し入れの詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることができます。

自由民主党
自由民主党
民主党・県民連合
民主党・県民連合
公明党・県民会議
公明党・県民会議
日本共産党
日本共産党
無所属
無所属

県民との意見交換会(総務常任委員会)を開催(H24.11.8)


 総務常任委員会の管内調査(丹波・但馬地区)で、養父市の「おおやアート村協議会」の皆さんと意見交換を行いました。
 同協議会は、廃校となった元県立八鹿高校大屋校を活動拠点「おおやアート村 ビッグラボ」として、芸術文化活動、子育て・コミュニティ活動を展開しています。アートと自然や人、モノなどの地域資源を活かしたまちづくりを進める取組と今後の展開について熱心な議論が行われました。                   (於:養父市大屋町)

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

県民との意見交換会(産業労働委員会)を開催(H24.11.7)


 産業労働常任委員会では、11月に実施した阪神地区の管内調査において、神戸市須磨区の板宿商店街を視察するとともに、板宿商業連合会の皆さんと「商店街の活性化」をテーマに意見交換を行いました。連合会の皆さんからは、商店街を取り巻く現状や課題についてお伺いするとともに、商店街の活性化に向けて求められる取り組みや県が果たすべき役割などについて、熱心な議論を行いました。
(於:板宿商業連合会事務所)

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

〈意見交換会〉

西オーストラリア州議会下院議長一行 議長表敬訪問(H24.10.5)


 西オーストラリア州ウッドアムス下院議長一行が藤原県議会議長を表敬訪問しました。
 兵庫県と西オーストラリア州は、昭和56年6月23日の姉妹・友好提携以来、議会関係者も交流を重ねてきています。
 今回の表敬訪問では、両県・州が今後一層の連携を図ることを確認し合うとともに、住民レベルでの理解と交流を深める必要性について、意見交換を行いました。
 
 

〈表敬訪問〉

〈表敬訪問〉

 
在神戸大韓民国総領事議長表敬訪問(H24.9.27)


 在神戸大韓民国総領事館の李成権(イ・ソングォン)総領事が着任挨拶のため、藤原県議会議長を表敬訪問しました。エネルギー政策などについて意見交換を行いました。
(在神戸総領事館は、兵庫県をはじめ、岡山県、鳥取県、香川県、徳島県の5県を管轄しています。)
 
 

〈表敬訪問〉

〈表敬訪問〉

 
平成25年度当初予算編成に対する重要政策提言(H24.9.10)


 各会派から知事に対して、平成25年度当初予算編成に対する重要政策提言を行いました。
 来年度の県政において重要施策として取り組むべき項目を提言するという趣旨で、県政の基本的方向がどうあるべきかについて、具体的な新規施策などの提言を行うものです。
 
 ※重要施策提言の詳しい内容については、このホームページ内の議会探訪の各会派のページから見ることができます。

 

〈自由民主党〉
自由民主党
〈民主党・県民連合〉
民主党・県民連合
〈公明党・県民会議〉
公明党・県民会議
〈日本共産党〉
日本共産党
〈無所属〉
無所属

 
県議会 日仏・日独 友好訪問団(H24.8.25〜9.1)


 本年は、ドイツ連邦共和国シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州との交流15周年、フランス共和国セーヌ・エ・マルヌ県との交流20周年を迎えることから、これを記念して、野間副議長を団長とする友好訪問団を結成して両州県を訪問し、現地での共同声明調印式や合同レセプション等に出席するとともに、首長や地方議会議員等との交流を深めたほか、欧州における自然エネルギー活用や農商工の連携事例調査などを行いました。

 

〈シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州首相表敬〉
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州首相表敬
〈シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州議会議場〉
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州議会議場
〈セーヌ・エ・マルヌ県との共同声明調印立会い〉
セーヌ・エ・マルヌ県との共同声明調印立会い
〈セーヌ・エ・マルヌ県議会庁舎前〉
セーヌ・エ・マルヌ県議会庁舎前
〈風力発電施設(Wind Park) 事例調査〉
風力発電施設(Wind Park) 事例調査
〈農商工連携事業・地域ブランド戦略 事例調査〉
農商工連携事業・地域ブランド戦略 事例調査

 
特定テーマに関する調査研究の実施(H24.8.31)


県民との意見交換会(文教常任委員会)を開催(H24.8.22)


 文教常任委員会の管内調査(西播地区)の中で、兵庫県立播磨特別支援学校評議員の皆さんと、家庭や地域社会と連携した特別支援学校の教育活動のあり方について意見交換を行いました。
 地元自治会、卒業生受入企業、福祉関係者、同窓会、PTAなど様々な観点から、学校をよりよくするための連携方策を、文教常任委員と議論しました。
(於:兵庫県立播磨特別支援学校)

 

〈県民との意見交換会〉

〈県民との意見交換会〉

 
県民との意見交換会(総務常任委員会)を開催(H24.8.21)


 総務常任委員会の管内調査(神戸・阪神地区)の中で、NPO法人市民事務局かわにしの皆さんと、市民活動の活性化に向けた取り組みについて意見交換を行いました。
 行政とは違う立場で市民団体等を支援する活動の状況をお聞きし、「新しい公共」の今後のあり方等について、総務常任委員会委員と熱心に議論を行いました。

(於:川西市市民活動センター)

 

〈県民との意見交換会〉

〈県民との意見交換会〉

 
地方議会協議会を開催(H24.8.17)


 平成24年度兵庫県地方議会協議会をホテル北野プラザ六甲荘(神戸市中央区)において、開催しました。
 この会議は、県議会と市議会・町議会が、地域課題や政策課題の解決について意見を交わし、情報を共有するとともに、県下の地方議会相互の連携を図ることを目的としています。今年度は、「地域防災体制の整備」と「議会の活性化」をテーマに協議が行われました。 

〈兵庫県地方議会協議会〉

 
政調懇話会を開催(H24.8.16)


 政調懇話会は、行政各般にわたる知識、情報を的確に把握し、議会の監視機能や政策立案力の強化を図ることを目的として、毎年、県議会議長の主催により開催しています。
 今年度は、東日本大震災復興構想会議の議長を務められ、現在は復興推進委員会の委員長である、ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長の五百旗頭真(いおきべ まこと)氏をお招きし、「大震災時代と危機管理」をテーマにご講演いただきました。

〈五百旗頭真氏〉
五百旗頭 真 氏
〈政調懇話会の模様〉

 
各会派政務調査会を開催(H24.8.8〜9)


 会派ごとに県庁の全部局から、主要事業の進捗状況等について説明を受け、様々な質疑を行いました。今後は、会派内で議論を重ね、来年度に向けた重要施策提言や予算申し入れなどを行っていく予定です。

〈自由民主党〉
〈自由民主党〉
〈民主党・県民連合〉
〈民主党・県民連合〉
〈公明党・県民会議〉
〈公明党・県民会議〉
〈日本共産党〉
〈日本共産党〉
〈無所属〉
〈無所属〉

 
県民との意見交換会(農政環境常任委員会)を開催(H24.8.2)


 農政常任委員会では、8月1日〜3日にかけて実施した管内調査(但馬・丹波地区)において、新温泉町海上地区を訪問し、地区住民と意見交換会を行いました。
 同集落は、鳥取県との県境に位置する山間にあり、冬季には2b以上の積雪がある豪雪地帯です。但馬牛の堆肥や綺麗な水、昼夜の寒暖差により育まれる「海上棚田米うみゃ〜なぁ〜」の生産や、交流拠点施設である「うみがみ元気村」において郷土料理や農産加工物を提供するなど、地域の特性を活かした集落の活性化に取り組んでおられます。
 意見交換会では、農地の保全と利活用にかかる課題などについて話し合いましたが、食料生産だけではなく、自然環境の保全など、中山間地域の持つ多面的で公益的な役割を再認識いたしました。(於:海上公民館)

県民との意見交換会の模様

県民との意見交換会の模様

県民との意見交換会の模様

 
県民との意見交換会(警察常任委員会)を開催(H24.7.27)


 警察常任委員会の管内調査(神戸・阪神地区)の中で、武庫川女子大学ボランティアの皆さんと、地域防犯活動(青色防犯パトロール)への取り組みについて意見交換を行いました。ボランティアとして本年5月29日から実際に取り組んでいる青色防犯パトロールの経験をふまえ、地域における防犯活動について、警察常任委員会委員と熱心に議論を行いました。(於:甲子園警察署)



※青色防犯パトロール(青色回転等装備車による防犯パトロール)
警察から自主防犯パトロールを適正に行うことができることの証明を受けた場合は、自動車に道路運送車両の保安基準に適合した青色回転灯を装備して、防犯パトロールを行うことができます。

県民との意見交換会の模様

県民との意見交換会の模様

県民との意見交換会の模様

 
県民との意見交換会(健康福祉常任委員会)を開催(H24.7.24)


 健康福祉常任委員会の管内調査(東播・淡路地区)の中で、加古川認知症家族の会の皆さんと、安心して暮らせる地域づくりについて意見交換を行いました。認知症ご本人の思いを大切にしながら支えあっている会の取り組みや、若年性認知症の課題などをお聞きし、住み慣れた地域で安心して暮らすために必要なことなどについて、健康福祉常任委員会委員と熱心に議論を行いました。 (於:東播磨県民局) 

県民との意見交換会の模様

 
中学生県議会(H24.7.23)


 兵庫県議会議場において、「中学生県議会2012 〜558万人のいいいね! 地域のリーダーは君だ〜」が、公益社団法人日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会の主催により開催されました。
 中学生がリーダーシップを持つことを目的として、県下95名の中学生が「いいね!」を合い言葉に、兵庫の未来や自分たちの未来について、明るく元気に、そして真剣に協議し、質問や意見にまとめ、知事や野間副議長をはじめ参加した県議会議員と意見を交わしました。

野間副議長挨拶
(野間副議長挨拶)
質問を行う中学生
(質問を行う中学生)
議会の模様

 
藤原議長、野間副議長記者会見(H24.6.13)


  6月13日、6月定例会閉会後、新たに選出された藤原昭一議長(小野市選出)、野間洋志副議長(三田市選出)が、県政記者クラブにおいて、就任の感想や抱負について会見を開きました。新たに導入した一問一答方式の感想や今後の期待などについて述べ、不断の努力で議会改革に引き続き取り組む決意を表明しました。



会見の模様
会見の模様

 
神々の国しまね推進議員連盟 議長表敬訪問(H24.6.7)


 平成24年に日本最古の歴史書「古事記」が編纂されてから1300年を迎え、また、翌25年には出雲大社の「平成の大遷宮」が行われます。
 この歴史的な節目に合わせて島根県で実施されている「神々の国しまね」プロジェクトを応援する「神々の国しまね推進議員連盟」の議員が加茂議長、長岡副議長を表敬訪問しました。
 この訪問は、本年7月から開催される神話の博覧会「神話博しまね」のPR活動として行われたもので、記念品贈呈、プロジェクトの概要説明の後、熱心な意見交換が行われました。

「神話博しまね」公式WEBサイト http://www.shinwahaku.jp/


議長表敬訪問の模様
議長表敬訪問の模様

 
議会改革等調査検討委員会最終報告を提出(H24.5.29)


  議会改革等調査検討委員会が取りまとめた「議会機能の充実・強化及び議会活性化に関する事項」及び「議会基本条例に関する事項」に関する最終報告が平成24年5月29日に開催された議会運営委員会において了承されました。
 そして、会議終了後に山本議会運営委員会委員長から加茂議長あてに同報告書が提出されました。


提出の模様
提出の模様

 
フラワープリンセス 兵庫県議会来訪(H24.5.7)


 兵庫県の花と緑をPRするシンボルとして活躍するフラワープリンセスひょうご2012に選ばれた3名(武田訓佳さん、山瀬友希子さん、五味綾音さん)が、加茂議長と長岡副議長を訪問しました。


兵庫県議会来訪の模様
兵庫県議会来訪の模様

 
兵庫県議会基本条例を制定(H24.3.22)

 3月22日、兵庫県議会基本条例を制定しました。
 県議会では、昨年6月に「議会改革等調査検討委員会」を設置し、さらなる議会機能の充実・強化や活性化、県民に開かれた議会に向けた方策等の検討を重ねてきました。
 その成果として、県民に対し、議会の基本理念を明らかにするとともに、議会の役割や運営原則、議員の責務や役割などの議会に関する基本的な事項を定める「兵庫県議会基本条例」を、平成24年3月22日の本会議において全会一致で可決しました。この条例は、県議会が県民の代表としての責任を自覚し、県民の負託にこたえ、県民福祉の向上と県勢の発展に寄与していく決意を明らかにしたものです。

兵庫県議会条例の詳しい内容はこちら

提案説明の模様
山本議会運営委員会委員長による兵庫県議会基本条例の提案説明の模様

 
議会改革等調査検討委員会中間報告を提出(H24.1.17)


 議会改革等調査検討委員会が平成23年12月16日に取りまとめた「議会機能の充実・強化及び議会活性化に関する事項」及び「議会基本条例に関する事項」に関する中間報告が議会運営委員会において了承されました。
 そして、会議終了後に山本議会運営委員会委員長から加茂議長あてに同報告書が提出されました。
 
近畿6府県議員交流フォーラムを開催(H23.11.21)


 11月21日、近畿6府県議員交流フォーラムが開催されました。
 このフォーラムは近畿圏における府県議会議員の共通課題について、近畿6府県の議員が意見交換を行い、近畿圏の府県議会議員の連携・交流を推進するものです
 今年度は京都府で開催され、地方自治、防災、産業振興などの分野について、熱心な意見交換が行われました。

会議の模様
会議の模様

 
兵庫・鳥取・岡山三県議会正副議長会議(H23.11.4)


 11月4日、兵庫・鳥取・岡山三県議会正副議長会が開催されました。
 この会議は、兵庫・鳥取・岡山の三県の正副議長が共通の課題について協議し、相互の連携を図るとともに、必要に応じて国等への要望活動を行うものです。
 今年度は岡山県で開催され、高速交通体系の整備や3県の広域観光、防災・危機管理対策などについて、協議が行われました。

会議の模様
会議の模様

 
平成24年度当初予算編成に対する申し入れ(H23.11.14)


 平成24年度当初予算編成に対する申し入れが行われました。
 これは各会派などが9月に行った重要政策提言をふまえ、その実現が図られるよう予算要求にあたり、特に重要とされる事項を申し入れるものです。
 この日は自由民主党、民主党・県民連合、公明党・県民会議、日本共産党、無所属議員などが知事などに対して、申し入れを行いました。
予算申し入れの詳しい内容については、議会探訪の各会派のところから見ることができます。

自由民主党
自由民主党
民主党・県民連合
民主党・県民連合
公明党・県民会議
公明党・県民会議
日本共産党
日本共産党
無所属
無所属

 
広東省人民代表大会代表団議長表敬訪問(H23.10.14)


 兵庫県と中国の広東省は姉妹・友好提携の関係にあります。
 広東省の人民代表大会常務委員会の鄭委員をはじめとする友好訪問団が、加茂県議会議長を表敬訪問しました。
 兵庫県と広東省の環境問題や電力問題などについて、意見交換が行われました。

広東省人民代表大会代表団議長表敬訪問
友好訪問団から記念品が贈られた

 
西オーストラリア州下院議員訪問団議長表敬訪問(H23.10.12)


 兵庫県と西オーストラリア州は姉妹・友好提携の関係にあります。
西オーストラリア州ウッドアムス下院議長をはじめとする友好訪問団が加茂県議会議長を表敬訪問しました。
兵庫県と西オーストラリア州の選挙制度や投票システムなどについて、意見交換が行われました。

中学生県議会
ウッドアムス下院議長あいさつ

 
日米青年政治指導者交流プログラム訪日代表団県議会表敬訪問(H23.10.4)


 この交流プログラムは、米国の超党派の地方議員など7名が2週間にわたって、東京、岡山、広島、京都、兵庫を訪問し、日本の政治、外交、経済などの諸課題について、関係者と意見交換を行うものです。
 訪問団一行は兵庫県議会を表敬訪問し、地方議会の仕組みや議員の役割、地方政治の現状などについて、意見交換を行いました。

日米青年政治指導者交流プログラム訪日代表団県議会表敬訪問
訪問団から記念品が贈られた

 
海南省友好訪問団議長表敬訪問(H23.9.26)


 兵庫県と中国の海南省は姉妹・友好提携の関係にあります。
 海南省の人民代表大会常務委員会の康副主任をはじめとする友好訪問団が、加茂県議会議長を表敬訪問しました。
 兵庫県と海南省の観光、環境問題などについて、意見交換が行われました。

海南省友好訪問団議長表敬訪問
加茂県議会議長から記念品が贈られた

 
中学生県議会を開催(H23.8.22)


 兵庫県議会議場において、中学生県議会2011が開催されました。
 中学生県議会は公益社団法人日本青年会議所近畿地区の主催により開催されています。
 中学生達は兵庫県をもっと明るくもっと住みやすい県にするにはどうしたらよいかを、子どもの視点で考え、真剣に協議し、自分たちの質問や意見をまとめ、知事や県議会議員と意見を交わしました。

中学生県議会
(知事あいさつ) 中学生県議会
(副議長あいさつ) 中学生県議会
(質問をする中学生)

 
各会派政務調査会を開催(H23.8.9〜8.10)


 8月29日各会派政務調査会を開催しました。
 各会派政務調査会は、県の主要事業の進捗状況等、当初予算編成における重要施策や新規施策等について、県庁内の全部局から説明を受け、質疑を行うことを通じて、各会派の意見を予算編成等に反映させるため、各会派主催の政務調査会を開催しています。


各会派政務調査会
自由民主党 各会派政務調査会
民主党・県民連合 各会派政務調査会
公明党・県民会議 各会派政務調査会
日本共産党 各会派政務調査会
無所属

 
議会改革等調査検討委員会を設置(H23.6.28)


 「議会機能の充実・強化及び議会活性化」及び「議会基本条例」に関する事項の調査・検討を行うため、平成23年6月28日、議会改革等調査検討委員会が議会運営委員会の小委員会として設置されました。
 H23.7.15には第2回委員会が開催され、今後の検討項目案やスケジュール案などについて、話し合いが行われました。



議会改革等調査検討委員会

 第2回議会改革等調査検討委員会の模様
 
山本県議会議長宮城県訪問(H23.5.12〜5.13)


 山本敏信兵庫県議会議長は、5月12日(木)〜5月13日(金)の2日にわたり、東日本大震災の被災地である宮城県仙台市、石巻市等を訪問しました。
 関西広域連合・兵庫県現地支援本部や石巻市支援本部などを訪ね、現地職員を激励するとともに、宮城県議会議長、石巻市長と面談を行い、現在の復旧・復興状況や、阪神・淡路大震災からの復興についての意見交換を行いました。


山本県議会議長宮城県訪問

山本県議会議長宮城県訪問
関西広域連合・兵庫県現地本部で派遣職員を激励 山本県議会議長宮城県訪問
亀山石巻市長と面談 山本県議会議長宮城県訪問
畠山宮城県議会議長と面談

 
フラワープリンセス 兵庫県議会来訪(H23.5.2)


 兵庫県の花と緑をPRするシンボルとして活躍するフラワープリンセスひょうご2011に選ばれた3人が、山本議長と小田副議長を訪問しました。


フラワープリンセスひょうご兵庫県議会来訪

フラワープリンセスひょうご兵庫県議会来訪

 
東日本大震災に対する兵庫県議会の見舞金の贈呈(H23.3.18)


 平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、特に甚大な被害を受けた、岩手、宮城、福島の各県に、本県議会議員全員から拠金を募り、見舞金を贈りました。
 3月18日、山本県議会議長が各県の大阪事務所に目録と見舞状を届けました。


宮城県
宮城県
福島県
福島県
岩手県
岩手県

(山本県議会議長より各県の大阪事務所職員に贈呈している様子)

 
議場コンサート開催(H23.2.15)


 第308回定例県議会の開会に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。コンサートは2006年に始まり、今回で6回目を迎えました。
 伊藤翔さんの指揮で、ベートーベンのコリオラン序曲など、3曲を演奏した後、約320人の入場者全員で「ふるさと」を合唱しました。

コンサートの模様

 
政調懇話会(H22.12.13)


 政調懇話会は行政各般にわたる知識、情報を的確に把握し、議会の権能の強化を図ることを目的として毎年、県議会議長の主催により開催されています。
 今回は、(株)日本政策投資銀行 地域振興グループ参事役 藻谷 浩介(もたに こうすけ)氏をお招きし、「デフレ社会における地域経営のあり方」をテーマに講演が行われました。

懇談会の模様

懇談会の模様
 
平成21年度決算特別委員会の開催(H22.10.4〜10.21)


 平成21年度一般会計や特別会計などの決算について、詳しく審査し、10月21日に決算関係議案は原案どおり認定すべきものと委員会として決し、26日の 本会議でいずれも原案どおり認定しました。 
審査の模様

審査の模様
 
慶尚南道議会 韓日海外親善議員連盟 議長表敬訪問(H22.9.30)


 慶尚南道議会韓日海外親善議員連盟の議員ほか17名が、山本敏信兵庫県議会議長を表敬訪問しました。
 この訪問は、両議会の共同発展・友好増進を図ることを目的としており、記念品贈呈の後、熱心に意見交換が行われました。
山本敏信兵庫県議会議長を表敬訪問の模様
 

県議会 日中友好訪問団 海南省訪問(H22.8.24〜8.27)


 兵庫県と中国・海南省とは、今年、友好提携20周年を迎えることから、これを記念して、副議長を団長とする友好訪問団を結成し、海南省を訪問しました。
  祝賀レセプションなど記念事業への参加や、海南省人民代表大会との交流活動のほか、発展が著しい海南省の産業や社会基盤調査などを行い、両県省の友好交流の一層の推進を図りました。
海南省人民代表大会 表敬訪問の模様
海南省人民代表大会 表敬訪問
 

行財政構造改革調査特別委員会開催(H22.7.20)


 7月20日、行財政構造改革調査特別委員会を開催しました。
 この特別委員会は、県の行財政構造改革に関する調査検討を行うため、6月定例会において設置されました。
 この日は、「新行革プラン3年目の総点検における課題と検討方向」について、議論を交わしました。
行財政構造改革調査特別委員会の模様
 


フラワープリンセス 兵庫県議会来訪(H22.5.6)


 兵庫県の花と緑をPRするシンボルとして活躍するフラワープリンセスひょうご2010に選ばれた3人が、原議長と矢尾田副議長を訪問しました。
訪問の模様

訪問の模様
 


西オーストラリア州下院議員訪問団 議長表敬訪問(H22.4.8)


 西オーストラリア州下院議員訪問団が原吉三兵庫県議会議長を表敬訪問しました。
 両州県の経済、文化、観光、環境などの分野について、熱心に意見交換が行われました。
議場コンサートの模様
 


議場コンサート開催(H22.2.17)


 第304回定例県議会の開会に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。コンサートは2006年に始まり、今回で5回目を迎えました。
 岩村力さんの指揮でブラームス作曲の「ハンガリー舞曲第5番」など、4曲を演奏した後、約320人の入場者全員で「ふるさと」を合唱しました。
議場コンサートの模様
議場コンサートの模様

素晴らしい演奏に思わずスタンディングオベーション
素晴らしい演奏に思わず
スタンディングオベーション


日米青年政治指導者交流プログラム訪日代表団表敬訪問(H21.11.17)


 11月17日、日米青年政治指導者交流プログラムの一環として、ジェフ・イーガー ベント市議会議員ほか6名の米国代表団が兵庫県議会を表敬訪問しました。
 地方政治の現状や、議員の活動状況などについて、意見交換を行いました。
訪問団との意見交換の様子
訪問団との意見交換の様子


平成20年度決算特別委員会の開催(H21.10.9〜H21.10.26)


 平成20年度一般会計や特別会計などの決算について、詳しく審査し、10月26日に決算関係議案は原案どおり認定すべきものと委員会として決し、29日の 本会議でいずれも原案どおり認定しました。
 また、今年度から、行財政構造改革の適切な進行管理を行うために、公社等外郭団体の理事長等を適宜参考人として出席を要請し、委員会審査の一層の充実を図りました。
参考人を招致して意見を聞いている模様
参考人を招致して意見を聞いている模様

答弁する井戸知事
答弁する井戸知事


県議会 日ロ友好訪問団(H21.9.17〜9.21)


 本年は、兵庫県とハバロフスク地方との友好提携締結40周年を迎えることから、これを記念して、議長を団長とする友好代表団を結成し、今後の両県の地方交流のあり方について、オフトロスキー ハバロフスク地方議会議長との意見交換や、友好提携40周年記念式典などに参加しました。
ハバロフスク地方政府知事表敬、共同声明調印式での様子
ハバロフスク地方政府知事表敬、共同声明調印式での様子

記念植樹式の会場の様子
記念植樹式の会場の様子

ウラジオストク商業港 視察の様子
ウラジオストク商業港 視察の様子


平成22年度当初予算編成に対する重要政策提言(H21.9.11)


 9月11日に、各会派から知事に対して、平成22年度当初予算編成に対する重要政策提言を行いました。
 来年度の県政において重要施策として取り組むべき項目を提言するという趣旨で、県政の基本的方向がどうあるべきかについて、具体的な新規施策などの提言を行うものです。
各会派から重要政策提言を受ける井戸知事
各会派から重要政策提言を受ける井戸知事


兵庫県地方議会協議会の開催(H21.8.19)


 8月19日に、県庁3号館において、兵庫県地方議会協議会が開催されました。
 この会議は、県議会と市議会・町議会が、地域課題の解決について意見を交わし、地方議会相互の連携を図ることを目的としています。



西オーストラリア州パース市訪問(H21.8.18)


 県と姉妹提携を結ぶ西オーストラリア州議会からの招待により、8月18日から2日間、矢尾田勝副議長が、西オーストラリア州パース市を訪れました。「日豪友好交流史」の出版記念式典に出席したほか、7月に移転した兵庫文化交流センターなどの視察を行いました。
バーネット州首相に井戸知事からの親書を手渡す矢尾田副議長
バーネット州首相に井戸知事からの親書を手渡す矢尾田副議長

式典で 右から矢尾田副議長、ウッドハムス下院議長、ハウス上院議長、佐藤総領事
式典で 右から矢尾田副議長、ウッドハムス下院議長、ハウス上院議長、佐藤総領事


平成22年度国の予算編成等に向けた県政説明会(H21.7.9)


 全国都市会館(東京都)において、知事、議長らの出席のもと、本県選出国会議員に、来年度の国の予算編成に対する提案事項について説明会を行いました。
開会のあいさつをする原議長
開会のあいさつをする原議長


「広域連合に関する特別委員会」の設置(H21.6.12)


 6月12日、地方分権改革の推進等の動向を踏まえて、「関西広域連合(仮称)」に関する事項について調査などを行う『広域連合に関する特別委員会』を新しく設置しました。



第300回記念講演会の開催(H21.6.5)


 地方自治法施行後に開かれた昭和22年5月の定例県議会から数えて、今年5月に開催された臨時県議会は、ちょうど300回目となりました。
 県議会では、これを記念し、6月5日、県内の市・町議会の議長をお迎えし、「地方分権時代の議会のあり方」をテーマに、関西学院大学の林宜嗣教授に講演していただきました。



少子化対策調査特別委員会最終報告書とりまとめ(報告書提出:H21.6.1)


 同委員会は、平成19年6月に設置し、総合的な少子化対策について、調査・検討を重ね、6月1日に最終報告書をとりまとめ、釜谷議長に提出しました。
 同日、藤原委員長、岡副委員長同席のもと、議長から、知事にも手渡され、意見交換を行いました。
議長から知事に最終報告書を手渡す
議長から知事に最終報告書を手渡す

意見交換を行う様子
意見交換を行う様子


予算特別委員会開催(H21.3.2〜16)


 平成21年度当初予算案や新行革プラン変更案などについて、詳しく審査しました。
 3月16日に付託議案はいずれも原案どおり可決すべきものと委員会として決し、同19日の本会議でいずれも原案どおり可決しました。

活発な議論が展開された委員会の模様
活発な議論が展開された委員会の模様

答弁する井戸知事
答弁する井戸知事


議場コンサート開催(H21.2.18)


 第299回定例県議会開会日の本会議に先立ち、兵庫芸術文化センター管弦楽団による議場コンサートが行われました。コンサートは今回で4年目になります。
 事前に応募のあった約200人の県民とともに、ブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」や「ふるさと」などの演奏を楽しみました。

議場コンサートの模様
議場コンサートの模様

素晴らしい演奏に対して大きな拍手が送られた
素晴らしい演奏に対して大きな拍手が送られた


政調懇話会(H20.12.12)


 政調懇話会は行政各般にわたる知識、情報を的確に把握し、議会の権能の強化を図ることを目的として毎年、県議会議長の主催により開催されています。
 今回は、地方公務員共済組合連合会の松本 英昭理事長(元自治事務次官)をお招きし、「都道府県レベルにおける広域連合と道州制」をテーマに講演が行われました。
 講演後、参加議員との間で活発な質疑応答が行われ、広域連合や道州制に対する関心の高さがうかがわれました。

多くの議員が参加した講演会の模様
多くの議員が参加した講演会の模様

開会のあいさつをする釜谷議長
開会のあいさつをする釜谷議長


講演を行う松本理事長
講演を行う松本理事長

閉会のあいさつをする梶谷副議長
閉会のあいさつをする梶谷副議長


都道府県議会議員研究交流大会(H20.11.21)


 全国都道府県議会議長会の主催により全国の都道府県議会議員が一堂に会し、共通する政策課題等についての情報や意見の交換を行うことにより、地方議会の機能の充実と活力に満ちた地域づくりに資することを目的にして開催されています。本県からは釜谷議長をはじめ10人の議員が出席しました。
 この日は片山 善博前鳥取県知事が「地方分権時代と議会の役割」をテーマに基調講演を行いました。
 講演後、参加者は「議会改革」や「議会のチェック機能強化」などの課題について、各分科会に分かれて活発な議論を行いました。

議員研究交流大会の模様
議員研究交流大会の模様

大野全国都道府県議会議長会会長あいさつ
大野全国都道府県議会議長会会長あいさつ


片山前鳥取県知事による講演
片山前鳥取県知事による講演

分科会の模様
分科会の模様


近畿6府県議員交流フォーラム(H20.11.14)


 今年度は滋賀県で開催されました。
 この会議は近畿6府県議会の46名の議員が一堂に会し、地方分権、防災、環境、教育の4分野において、近畿府県が直面している共通課題について意見交換を行い、連携・交流を深めるものです。

フォーラムの模様
フォーラムの模様

各分科会での会議の模様
各分科会での会議の模様


岡山・鳥取・兵庫三県議会正副議長会議(H20.11.10)


 岡山、鳥取、兵庫の三県の議長・副議長が共通の課題について協議し、相互の連携を図るとともに、国などへ要望を行うため、昭和63年度から毎年度開催されています。
 今年度は岡山県で開催され、広域高速交通体系の整備や救急医療体制などについて、話し合われました。

活発な議論が展開された会議の模様
活発な議論が展開された会議の模様

意見を述べる釜谷議長
意見を述べる釜谷議長


平成21年度当初予算編成に対する知事申し入れ(H20.11.10)


 各会派などから知事に対して平成21年度予算編成に対する申し入れが行われました。
 各会派などが9月に行った重要政策提言をふまえ各部局の予算要求に取り上げるべき項目を申し入れるものです。

会議の模様
会議の模様

申し入れを受ける井戸知事
申し入れを受ける井戸知事


全国都道府県議会議長会定例総会(H20.10.28)


 全国都道府県議会議長会が北海道で開催されました。
 この会は全国の都道府県議会の議長をもって組織されており、各都道府県間の連絡を保ち、地方自治の発展を図ることを目的としています。
 この日は会計監査報告や決議の採択などが行われました。

総会の模様
総会の模様

挨拶をする高橋北海道知事
挨拶をする高橋北海道知事


決算特別委員会開催(H20.10.7〜21)


 19年度一般会計決算などについて、詳しく審査し、10月21日に決算関係議案は原案どおり認定すべきものと委員会として決し、同24日の本会議でいずれも原案どおり認定しました。

活発な議論が展開された委員会審議の模様
活発な議論が展開された委員会審議の模様

答弁する井戸知事
答弁する井戸知事


12都道府県議会議長会議開催(H20.10.20)


 10月20日に12都道府県議会議長会議が東京で開催されました。
 大都市を抱える都道府県の議長、副議長で組織されており、緊密な連携によって、地方自治の発展を図ることを目的としています。

12都道府県議会議長会議の模様
12都道府県議会議長会議の模様

石原都知事のあいさつ
石原都知事のあいさつ

行財政構造改革調査特別委員会開催(報告書提出:H20.9.12)


 平成19年9月の設置以降、新行革プラン案について慎重な調査を重ね、9月12日に最終調査報告書を取りまとめて議長に提出しました。
 同日議長から知事にも手渡されました。

委員会審議の模様
委員会審議の模様

議長から知事に最終調査報告書を手渡す
議長から知事に最終調査報告書を手渡す


地方議会協議会開催(H20.8.19)


 8月19日に地方議会協議会が開催されました。
 地方議会協議会は、県議会と県内市町議会の代表者が地域の課題について話し合い、 地方議会相互の連携を深めることを目的として開催されています。

梶谷副議長あいさつ
梶谷副議長あいさつ

意見交換を行う山本丹波市議会議長
意見交換を行う山本丹波市議会議長

「ひょうご県議会だより」表紙掲載絵画の作者に対する記念品贈呈式(H20.7.2)


 全世帯配布議会広報紙「ひょうご県議会だより」の表紙に県民の描いた作品を掲載することとしました。
 作品掲載にあたり、作者への記念品贈呈式を行いました。

左側の絵画が夏号掲載作品:竹内 貞夫さんの作品「家族の休日」
右側の絵画が秋号掲載作品:高田 秀夫さんの作品「秋の高源寺」
作者への記念品贈呈式での記念撮影

西オーストラリア州下院議長 議長表敬訪問(H20.6.2)


 リーベリング西オーストラリア州下院議長をはじめとする訪問団9名が6月2日に来県し、山口 信行議長を表敬訪問しました。
 兵庫県議会と西オーストラリア州との交流について、意見交換をしました。
 記念品の贈呈が行われました。
訪問団との意見交換
訪問団との意見交換

リーベリング議長から感謝状を贈呈される
リーベリング議長から感謝状を贈呈される

フラワープリンセス 兵庫県議会訪問(H20.5.12)


 兵庫の花や緑をPRするシンボルとして選ばれた2008年のフラワープリンセスの 3名が山口 信行議長及び小林 喜文副議長を訪問しました。
フラワープリンセス来訪
フラワープリンセス来訪




海南省創立20周年記念式典の出席(H20.4.24〜4.27)


 海南省からの招請を受け、山口 信行議長が「河南省創立20周年記念式典」に出席しました。
 各分野における交流、協力について、話し合いました。
海南省創立20周年記念式典
海南省創立20周年記念式典