兵庫県議会ロゴ
サイト内検索
>> ホーム >> 議会探訪 >> 県議会のしくみ >> 県議会の仕事
県議会のしくみ/県議会の仕事



県議会は、県政の重要な事項を審議・決定する重要な役割を担うため、法令により多くの権限が与えられています。
その主なものは、下記のとおりです。


 議員や知事から提出された議案を審議し、その可否を決定することを「議決」といいます。議決は、議会に与えられた最も重要な権限です。

議会に提出される主な議案

予 算
 県の家計にあたるもので、1年間の収入(歳入)と支出(歳出)の見積もりです。予算の提案は知事が行います。予算が可決されて初めて各種の施策が具体的に進められます。

条 例
 県の法律ともいうべきものです。条例には県民の権利義務に関するものや、県の組織運営に関するものなどがあります。条例の提案は、議員と知事が行うことができます。

契 約
 条例に定める重要な契約については、個々に議会の議決が必要となります。


選挙と同意


 議長・副議長のほか、選挙管理委員などの選挙を行います。また、知事が選任する重要な人事(副知事、出納長、監査委員、教育委員など)については、事前に県議会の同意が必要です。

意見書・決議の提出


 県議会は県民の福祉や利益と関係のあることがらについての意見を、国会や関係行政庁に意見書として提出したり、時の社会問題などについて議会の意思を明らかにするために決議を行うことができます。

県政の調査・検査


 議会で決めたとおりに県が仕事を行っているかどうか調査や検査をするため、必要に応じて執行機関に報告を求めたり、関係者に説明や意見を聞いたりします。

請願・陳情の審査


県議会は、県政についての県民の皆さんの要望などを請願書・陳情書の形で受理して慎重に審査し、必要がある場合は実現するよう執行機関に働きかけます。  詳しくは、請願と陳情を参照)