兵庫県議会ロゴ
サイト内検索
>> ホーム >> 議会探訪 >> 県議会のしくみ >> 常任委員会
県議会のしくみ/常任委員会


常任委員会

常任委員会は、県の仕事を分担して7つ設置されており、本会議から送られてきた議案、請願などを審査しています。議員は必ずいずれか一つの委員会に属しています。
閉会中(会期外)においても、担当する行政施策の調査(月1回程度)や現地調査(県内4地区に分けて)を行っています。






総務常任委員会

県政策の総合的推進、自律・分権型県政の総合的推進、参画と協働の推進と県民文化の創造、情報化の推進、防災危機管理対策などについて審査・調査します。

  
健康福祉常任委員会

安全・安心な社会づくり、自律と共生の社会づくりなど、県民生活に密接に関わる保健・医療・福祉に関する施策などについて審査・調査します。
 
産業労働常任委員会

成長産業の育成と基幹産業の競争力強化を図る方策、多様で安定した雇用拡大を実現する方策、地域資源を活用した交流を拡大し、地域活力を創出する方策について、審査・調査します。
 
農政環境常任委員会

食料の安定供給と農林水産業の持続的発展、地域環境への負荷軽減と地球環境問題への対応、自然環境の保全と再生などについて審査・調査します。
 
建設常任委員会

道路・空港・港湾など交通基盤等の整備、河川・砂防事業など安全・安心な県土づくり、魅力あるまちづくり、快適な住まいづくりなどについて審査・調査します。
 
文教常任委員会

「生きる力」を育む教育の推進、学校・家庭・地域の連携による教育の推進、安心して学べる環境づくり、信頼される学校づくりの推進などについて審査・調査します。

警察常任委員会

重要凶悪犯罪の徹底検挙、振り込め詐欺などの抑止及び検挙、地域社会と連携した地域安全総合対策の推進などについて審査・調査します。
 


組織図


県議会の組織図
※予算特別委員会は2月定例会で、決算特別委員会は9月定例会で、それぞれ設置されることが通例となっています。